企業情報

COMPANY

経営理念

社会性ある事業の創造

社会性ある事業とは、従業員の幸せを追求すること。世の中の役に立つ仕事をすること。
従業員の幸せとは、社会貢献を実感し、自己成長を続けつつ、対価としての報酬を得ること。
世の中の役に立つ仕事とは、顧客の期待を超える感動サービスを提供し、社会に活力を与えること。

インパクトホールディングス
メッセージ

お店が良くなれば、お客様も喜ぶ。
流通業の発展に寄与することで、社会性ある事業を創造する。
インパクトホールディングスへの想い。
インパクトホールディングスメンバーへの想い。
人間性重視の組織を構築する。
会社の成長とともに一人ひとりが自己成長を実現する組織。
マネジメントは常に従業員の幸せを考える。
そして、流通業界に新しい風を吹き込むことに挑戦し続けていく。

インパクトホールディングス
ウェイ

  • 誇り

    社会の軸である誇り。お客様の笑顔は社会の活力。
    店舗店頭を活性化することの社会性と誇りを忘れない。

  • 創造力

    無限の能力を信じ、創意工夫を地道に積み重ねる。
    良く考え、「知恵」を集め、一歩ずつ成果に繋げよう。

  • 感謝

    ありがとうの気持ちを忘れない。顧客、インパクトホールディングスメンバーすべてに、思いやりとありがとうの気持ちを持とう。

  • 変化対応

    世の中の変化を敏感に捉え、柔軟にスピーディー対応する。安易に他を否定せず、変化を恐れてはいけない。

  • 他責NG

    徹底的に他人のせいにしない姿勢。主体性を発揮して、あらゆる問題を自分の課題として捉えよう。

  • スピード

    スピードは最大の付加価値。更にスピード。スピードなくして勝利なし。

  • 謙虚

    謙虚な姿勢で、 日々自己反省を欠かさない。反省する心なくして、自己成長はありえない。

  • 目標

    個々人の目標を明確にする。組織の目標を共有する。数字と期限にこだわり、目標を達成しよう。

  • 努力

    誰にも負けない努力をする。諦めず、やり遂げる強い意思を持つ。愚直な努力の継続こそが成功への第一歩。

  • 常に前向きに明るく、そして夢を持つ。夢を持たないと人生が流れる。人生を斜めにかまえず直球でぶつかる。

  • 一体感

    助け合い、そして高め合う。皆で協調し、組織で対応することで、個々の力をより大きな力に変えよう。

  • 誠実

    誠実な姿勢で仕事に臨む。絶対に嘘をつかない。
    法令遵守を徹底し、約束、時間、ルールを守る。

インパクトホールディングス
リーダーシップ

  • エネルギー

    自ら活力に満ち溢れ、目標に向かうメンバーを元気づけることで、組織を牽引するリーダーとなれ。

  • コミュニケーション重視、
    愛を持って指導する

    会話を重んじる。常に愛を持って指導し、プロセスと成果の両面を評価する。

  • 先頭に立って挑戦

    前例にとらわれず、変化を恐れず、率先して挑戦する。失敗から学び、それを糧に挑戦を続ける。

  • 勇気を持って決断

    どんな場面でも自ら考え、自らの意思で決断し責任を負う覚悟を持つ。

  • NEXT ME

    チャンスを与えることで、自分の代わりになれる存在を育成する。 部下を育て、ともに成長する。

  • 夢を語れ

    会社が目指す方向に自分の意思を加え、熱意と誠意を持って語る。部下に夢と目標を意識させる。

  • つながりを生み出せ

    一体感を重視する。組織の枠に囚われず、高い視点で全社体制を築く橋渡しをする。

  • 顧客が全て

    顧客こそ我々を成長させる最大の源泉である。付加価値を追求し、顧客ニーズに全力で応えることで、事業拡大の機会を確実に掴み取る。

  • 数字にこだわる

    経営数値を理解する。数値を意識することで客観的に判断し、目標達成のための道筋を見出す。

  • 英知を養え

    万事に関心を持ち、自己啓発を怠ることなく感性を磨き続ける。常に感度を高め周囲を啓蒙する。

メディアクルーへの約束

  • 価値ある労働機会の提供

    新しい価値ある労働機会を、幅広く数多く提供し続けることを約束します。

  • 消費活性化による社会貢献

    フィールド活動を通し、消費活性化を中心とした社会貢献を約束します。

  • コンプライアンス遵守

    法令・社会規範の遵守を徹底し、誠実な企業活動の推進を約束します。

理念浸透への取り組み

常に確認できる環境づくり経営理念、インパクトホールディングス ウェイ、インパクトホールディングス リーダーシップをポスターとして掲示したり、全社員のデスクに卓上プレートを設置するなどして常に確認できるようにしています。

業務日報でコミュニケーション強化提案や情報共有を発信できる便利なシステムを使用し、業務日報を従業員全員が、会社全体に向けて提出しています。うまくいったことの要因、うまくいかなかったことの改善提案、次の一手など、他のメンバーの日報を確認し、良い内容だと思う日報に「拍手」をすることができます。これにより日々の棚卸をしっかり行うこと、また他のメンバーの参考になる日報を書く意識を高めています。

  • ① 今日の三行

    社員の自由な声を集め、すばやく対応し業務改善につなげています。また、社長からのメッセージも毎日送信。社員への意識統一、方向性の確認を日々行っています。

  • ② 成功事例要因

    成功事例の共有を行います。従業員同士が良い部分を真似することからスタートし、全員で高めあう行動のきっかけづくりを行っています。

  • ③ 失敗事例要因

    失敗事例を挙げることで具体的な改善につなげます。また、改善案を共有することにより全員が学び、次につなげることのできる仕組みづくりを行っています。

  • 今週のありがとう

    従業員同士で感謝の気持ちを伝えることで、コミュニケーションの強化、成功事例の共有、士気の向上につなげています。また、この項目に挙がった各意見を、人事考課にも反映させています。

  • インパクトホールディングス福井のMarketWatcherブログ
  • 商売の心得
  • 俺のフィロソフィ
  • コンビニスーパーバイザー24時間
  • MediF
  • cabic株式会社(インパクトホールディングスグループ) アルバイト求人サイト
  • リゾートバイト
  • 短時間ワーク
  • 短時間ワークのコツ
  • サービス診断士