ニュース

NEWS

2019.03.14NEWS

インド小売業コンサルティング ~インドのアッパーミドル層の消費動向~

 流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫)は、登録スタッフ(メディアクルー)を活用した覆面調査を提供しております。また、インドなどアジア地域を中心とした現地小売企業を対象にコンサルティングサービスを提供しております。
 
 今回は、インドにおけるアッパーミドル層の消費動向についてご報告させて頂きます。メディアフラッグは、「日本のおもてなしを世界へ」をコンセプトに、当社に蓄積されている日本の流通小売現場の現状やノウハウをアジアに輸出し、新たなマーケットの拡大を行っています。今後も更にインド、インドネシア、中国をはじめとしたアジア各国の企業に対し、当社のサービスを推進して参ります。

インドのアッパーミドル層の状況図表

◆インドのアッパーミドル層の消費動向

 世帯可処分所得が235~550万円の範囲を指す、アッパーミドル層は今後のインドの成長を支えていく中心的な存在であす。2020年には3.5億人になるといわれているアッパーミドル層ですが、消費の傾向として、『価値のある商品』に対してのニーズが高いことが挙げられます。都市部のショッピングモールには海外の有名ブランドがフロアにいくつもあり、休日にもなると若年層から中年層まで幅広い年齢の客層が来店する光景が見られるように、大衆に評価されているものに対して購入意欲が高いことがわかります。

 また、食品小売店においても、同カテゴリーの商品をであっても、国内ブランドよりも海外の輸入商品のほうが売れているということが少なくありません。また、ヤクルトのように、機能性をうたった商品に対してもニーズが高いのが特徴です。

◆小型マルチリテールに求められる要素

 小型マルチリテールの展開に当たっては、上記のようなニーズをしっかりと満たすことのできるような商品構成が重要となります。競合との差別化につながる、価値のあるPB商品の開発や販売、インポート商品に代表される高価格であっても、価値を感じてもらえる商品群、また夜間に営業する小売店舗が少ない中では、夜間に食事を提供できる存在として、デイリー商品のニーズに対しても対応できるよう、商品開発にも力を入れていく必要があります。商品構成のみならず、販促を目的としたサイネージの導入等、小型の店舗でありながらも、アッパーミドル層のニーズを満たすことのできるフォーマットの確立が不可欠です。

この件に関するお問い合わせは、当ホームページのお問い合わせフォームから、ご連絡をお願いいたします。

  • インパクトホールディングス福井のMarketWatcherブログ
  • Coffeeday Essentials
  • 商売の心得
  • 俺のフィロソフィ
  • コンビニスーパーバイザー24時間
  • MediF
  • cabic株式会社(インパクトホールディングスグループ) アルバイト求人サイト
  • リゾートバイト
  • 短時間ワーク
  • 短時間ワークのコツ
  • サービス診断士
  • アマゾンimpactTVストア
  • 言わせて.SHOP